Top > 神戸プロポーズの日 > 神戸プロポーズの日 1周年記念イベントレポート

神戸プロポーズの日 2011 Jun.5 1周年記念イベントレポート

たくさんのカップルの幸せを演出してきた「神戸プロポーズの日」が1周年を迎えました!それを記念して6月5日に神戸ハーバーランドモザイク海の広場にて開催されたイベントについてレポートいたします。

2011年 神戸プロポーズの日レポート

2011年6月5日(日曜日)19時59分、
神戸メリケンパークオリエンタルホテルのブルーのライトが静かに消え始める。
ポートタワーの灯りは砂時計のイルミネーションに変化し、1分間のカウントダウン。

20時ちょうどにプロポーズの成功を祝してシャンパンの泡のようなイルミネーションに変わる。

MCの女性の「どなたかプロポーズされた方、いらっしゃいませんかー?」。
実はスタッフの打ち合わせでは「そんなうまいことプロポーズするカップルいないよね。いたら素晴らしいけど。」
ということになっていた。

一組のカップルが、周りの人たちに押し出されるように壇上へと向かってきた。

なんと本当にその1分間にプロポーズをし、見事成功されたカップルがいらっしゃったのだ。
観客席の近くにいた私は「あれは、やらせとちゃうか」という声を聞いたが、断じてやらせではない。
このカップルは三重県から旅行で来られたそうだ。本当にこんな素敵なことが起こる夜もあるのだ。

この日のイベントは、20時のプロポーズタイムに向けて、音楽で盛り上げていこうという企画。
15時から音響関係の機材の調整、仮設ステージの設営、ライトの調整、リムジンの乗り入れ確認、赤じゅうたんの設置、リハーサルなどを行う。

18時イベントスタート。

8mもあるリンカーンコンチネンタルのリムジンが岸壁にそろりそろりと入ってくる。

神戸ウエディングクイーンの3人も初めて乗るリムジンに大興奮。

モザイクの海の広場から見下ろすお客様の視線は岸壁のリムジンとクイーンたちに注がれた。
クイーンたちも海の広場に上がってきて、神戸をウエディングの町にしましょうと宣言。

いよいよ音楽ライブがスタート。

とみたえいこさん

とみたさんの澄んだ歌声とピアノが絶妙なラブソング。

Club S さん

ボーカル『紫楼(しろう)』さん、ピアノ『臣御(しんご)』さんのユニット。
客席にどんどん入り込む紫楼さんの歌とトークは最高。

再び、神戸ウエディングクイーンの3人が登場。

第2回神戸ウエディングクイーンの発掘プロジェクトの告知。

>>詳しくはこちら

音楽ライブ再開

奥村あやかさん

ギターでの弾き語りは、明るく爽やかな風のよう。

深見かよさん

素敵な歌声が、柔らかなギターの音色に乗って、夕暮れの港に溶け込む。

大盛況のうちにライブは終了。
カウントダウンを前に東日本大震災の募金の呼びかけ。

そして冒頭のサプライズ。
もしプロポーズの成功がなかったら、希望者にじゃんけんしてもらって乗っていただく予定だったリムジン。
プロポーズが成功したお二人には、そのリムジンに乗っていただき、周辺をクルージング。

きっと思い出になる神戸になったことだろう。末永くお幸せに!

スタッフ一同、本当にこのイベントをやって良かったと思った。絶対またやろう。乞うご期待!

写真・文 戸田克己

当日の映像です、是非ご覧ください。

  • 神戸ランドマークウエディング
  • 神戸ウエディングクイーン
  • 神戸プロポーズの日
  • 神戸おすすめデートコース

神戸ウエディング会議とは

フォトギャラリー